販促品の大きさには理由が

販促品の多くはスモールサイズのものが多いです。
それには明確な理由があるわけではなく、販促品という性格上ある程度はそうなるのが合理的だからだと考えられます。
販促品とは商品の購入につなげてもらうため、プロモーションやキャンペーンで配布されるもので、企業ロゴの入ったノヴェルティやプレミアムいわゆるおまけも広い意味では含まれます。

サイズが小さいものが多い理由の一つは、そうしたプロモーションやキャンペーンに来場したお客さんにとって、大きすぎる物は持ち帰る際にかさばるため、よほど高価なものでない限り、あまりありがたいとは思ってもらえないことが挙げられます。
小さくても、もらってうれしいもの、商品イメージを想起させるよい印象の残るモノであれば、購入したいという意欲がわいてきます。
しかしその逆の場合は商品の印象も悪くなってしまいます。
このような性格であることから、企業は、販促品をビジネスにおいて大変重視をしており、創意工夫の限りを尽くしているのです。

街中で裏に広告が入ったポケットティッシュが配布される光景が昔はあちこちで見られましたが、最近はあまり見かけないと思いませんか?販促品は企業の競争のツールであるため、種類も豊富です。
もらってもあまりありがたくないポケットティッシュよりも、小さいマグカップや弁当箱の方がありがたい人もいるでしょう。
デザインが微妙なバックよりも、企業ロゴが入ったPC用クリーナーの方がはるかに実用的であり、配慮が感じられるということで、その企業の商品への印象も良くなりますよね。


〈外部リンク〉
持ち帰りやすい大きさでも作成可能なオリジナルタオルのノベルティのサイトです → オリジナルタオル ノベルティ